tkancf.com

Visual Studio Codeのリモートコンテナ機能を使ったDenoのFreshフレームワーク開発環境構築


概要

Visual Studio Codeのリモートコンテナ機能を使ってDenoのFreshフレームワークを開発する環境を用意する方法です。
Visual Studio CodeもDenoも何もわからない状態で、準備してたら詰まったので備忘録として残しておきます。

事前手順

手順

  1. 開発環境にするフォルダを用意
    • フォルダ名は何でもいいと思いますが、今回は fresh-dev としました。

補足

Freshのinitコマンドのオプションの意味

—force

既存のファイルがあっても、上書きします。
上書きするのは、テンプレートと同名のファイルがあったときのみなので、 .devcontainer フォルダ等が消されたりはしないです。

—twind

Twind CSSによるスタイリングを利用したテンプレートを生成します。

—vscode

Visual Studio Code向けの設定ファイル ( .vscode/settings.json など)を生成します。

参考資料